ローコスト住宅(新築一戸建て)の打合せから引き渡しまでの工事工程表

新築一戸建ての打合せから引き渡しまでの工程
悩むママ

ローコスト住宅(新築一戸建て)は何カ月で完成するの?
打合せの回数やコツとかあるの?

今回はこんな悩みを解決します。

私がローコスト住宅を契約してから引っ越すまでににかかった期間は、6カ月です!
(土地探しを含めると9カ月)

完成までの工事工程や打合せを体験談を交えて解説します。

この記事でわかること
  • ローコスト住宅(新築一戸建て)に住むまでの全工程
  • 打合せの回数・コツ・注意点
  • ハウスメーカーの選び方
目次

ローコスト住宅(新築一戸建て)に引っ越すまでの全工程

まずは新築一戸建てが完成するまでの全日程がこちら!

  1. ハウスメーカー選び・・1か月
  2. 土地探し2ヵ月
  3. 間取り・・2週間
  4. 設備・仕様・・2週間
  5. 壁紙・コンセント・ライト類・・2週間
  6. 最終打合せ・・2週間
  7. 工事着工から完成まで・・3ヵ月
  8. 外構工事と引っ越し・・1ヵ月
グッキー

注文住宅を建てると決めてから9カ月で全て完了しました。

間取りなどの打合せは2週間に1回のペースです。

それでは順番に見ていきましょう。

新築一戸建てのハウスメーカーと土地探し(3ヵ月)

ハウスメーカーや土地を決めるのに毎週末いろいろ回って3ヵ月ほどかかりました。

私がハウスメーカーと土地を決めるまでにやった4STEP。

  1. 家全体のイメージを考える
  2. 年収から予算やローンを考える
  3. 資料一括請求してハウスメーカーを比較検討する
  4. 営業マンと一緒に土地を探す

①家全体のイメージを考える

まずはどんな家にしたいかを家族でイメージします。

和風にするか洋風にするか、
大きさや外観なんかもなんとなくでいいので考えてみましょう。

最初にイメージしておくことで、
自分のイメージを実現してくれるハウスメーカーかどうかを比較する基準にもなります。

②年収から予算やローンを考える

年収や貯金からいくらまで予算を出せるのか考えましょう。

ローンを借りる相場は大体年収の7倍くらいと言われていますが、今の家賃から1~2万円アップするくらいに抑えておきたいところです。

【ローコスト住宅の住宅ローン費用】借りられる金額と返せる金額は違う

③資料一括請求でハウスメーカーを比較検討する

ハウスメーカーを決めるには資料一括請求して比較検討することが必須です。

資料請求して気になるハウスメーカーの住宅展示場にいったり、営業さんから話を聞いてみて、間取りや見積もりをお願いします。

8社資料請求して、
気になった3社の中から1番良かったハウスメーカーを選ばせてもらいました。

私は資料請求して比較検討することで、
同じ仕様の家なのに約300万円安く買えました

私も利用した資料一括請求サービスが気になる方はこちらの記事を参考にしてください。

④営業マンと一緒に土地探し

ハウスメーカーを決めたら土地探しです。

家ねこ

土地探しが先なんじゃないの?

そう思うかもしれませんが、
いい土地を見つけるにはハウスメーカーを先に決めるべきです。

詳しい理由はこちらの記事で解説しています。

【未公開土地の探し方】土地より先にハウスメーカーを決めると失敗しない

新築一戸建ての打合せ(2か月)

契約したら大体1~2週間に1回打合せをします。

打ち合わせにかかった期間は2か月ほどで全4回です。

  1. 間取りプラン打合せ
  2. 設備・仕様の打合せ
  3. 壁紙・コンセント・電気類の打合せ
  4. 打合せ最終確認

①間取りプラン打合せ

契約前にある程度決めたと思いますが、
扉の向きなども含めて改めて間取りプランを確認します。

収納や動線は使ってみないとわからないことが多いので、住んだ時のことをしっかりイメージするのが大事ですね。

個人的にはドアはできる限り引き戸にした方が良いと思います。

風でドアが『バァン!』と閉まるのも防いでくれます。

家ねこ

指やしっぽが挟まれれる危険もなくなるね。

②設備・仕様の打合せ

床を無垢材にしたり、キッチンをこだわったりと、一番楽しい打合せです。

注文住宅の最大の楽しみであり、費用が変わってくるところですね。

設備・仕様の打合せが一番重要!!

打合せの前にLIXILとTOTOのショールームに行って現物を見に行きました。

いきなりふらっとは入れるところじゃないので、
担当の営業さんが予約をとってくれると思います。

一つの設備に対して色が多いので、
まぁ~めちゃくちゃ迷いましたね。

結局ショールームで決めたのと違う色にしました。(笑)

③壁紙・コンセント・電気類の打合せ

家全体の壁紙、コンセントの位置、電気類の打合せをします。

壁紙

壁紙は基本的に白で、
トイレや手洗い場は微妙にデザインがちがうものにしました。

グッキー

テレビを置く壁側だけ色を変更するとオシャレになりますよ。

コンセント

コンセントはLDKだけで9か所つけました。

  • エアコン用
  • テレビ用
  • Wi-Fi用
  • 冷蔵庫用
  • 台所周り2つ
  • 自由に使うように3つ

コンセントは各部屋にエアコン用以外に2個はつけたほうがいいですよ。

電気類

電気類はシーリングにするか、
スポットライトにするかを決めます。

各部屋はシーリングにして、今の家で使っているものを設置するのでも十分です。

スポットライトの電球色は案外暗いので注意です。

グッキー

玄関はセンサー式にすると夜に帰ってきても、すぐ明るくなるので便利ですよ。

打合せ最終確認

ほぼ毎週やってきた打合せの最終確認です!!

納得できたら、契約書にハンコを押して打合せ終了となります。

大手ハウスメーカーだと打ち合わせに半年以上かかったりするらしいですから、2か月くらいで終わるのはローコスト住宅のメリットですね。

新築一戸建ての工事着工(3ヵ月)

打合せが完了したら、いよいよ工事着工です。

今回地盤改良工事は必要なかったので助かりました。

  1. 地鎮祭
  2. 基礎着工と上棟
  3. コンセント等の現場確認
  4. 完成確認と引き渡し

①地鎮祭

地元の神主さんにきてもらい、地鎮祭を行います。

最近はやらない人もいるらしいんですが、ぜひ清めてもらいたかったのでお願いしました。

神主さんにお布施を渡すので、現金が必要。

グッキー

3万円が相場らしいです。

②基礎着工と上棟

基礎着工と上棟開始で工事期間は約3ヵ月

基礎着工の時に見学に行ったんですが、基礎だけだとなぜか狭く感じましたね。

見学に行くときは差し入れを持って行ってあげるといいですね。

③コンセント等の現場確認

ある程度完成したら、
スイッチコンセントの位置を実際に家に入って確認します。

壁はまだできていないので、この段階ならまだ変更してもらえます。

制震ダンパーはこの時しか見れないので貴重です。

もし壁にキャットウォークなど何かDIYしたい場合は、柱の位置を写真にとっておくと便利ですよ。

④完成確認と引き渡し

完成したら実際に中に入って一つずつ確認します。

業者が事前に確認してくれてはいますが、
ちょっとした傷や扉のがたつきががあれば直してもらいましょう。

完成した家に納得できたら、カギをもらって引き渡し完了です。

グッキー

これで家が完全にあなたのものに!

新築一戸建ての外構工事と引っ越し(1ヵ月)

家の受け渡しが終わったら、あとは外構工事をして引っ越します。

外構工事はハウスメーカーと提携している業者に頼んでもいいですし、自分で探してもOK。

外構工事

外構工事は規模にもよりますが、大体1ヵ月もあれば完了します。

相場より安かったので、ハウスメーカーと提携している会社にお願いしました。

工事内容

  • 玄関までのアプローチ
  • ポスト
  • インターホン
  • カーポート
  • 目隠しの柵
  • 一部コンクリート施工

ウッドデッキはDIYしようと思ったのでお願いしませんでした。

引っ越し

工事がすべて終わったら引っ越して、
待ちに待った新生活スタートです!!

できれば3~4月の引っ越しシーズンは避けましょう。

すぐ新築に住みたい気持ちはわかりますが、
無理に3月に引っ越すよりも賃貸の家賃を払う方が安いはずです。

まとめ

  • ローコスト住宅は打合せから完成まで6カ月で完了
  • 土地探しは先にハウスメーカーを決めるといい
  • 設備・仕様を決める打合せが一番重要

私が家を買うと決めて引っ越すまでにかかった期間は9カ月なので大分早い方だと思います。

ローコスト住宅は安い分質が低いなんて言われますが、5年住んで特に大きな不具合はありません。

わたしのように年収が低くても注文住宅が欲しいなら、
ローコスト住宅を検討してみてはどうでしょうか?

目次