ローコスト住宅はやばい?費用が安い4つの理由をぶっちゃけます

ローコスト住宅が建てられる本当の理由
悩むママ

ローコスト住宅って、なぜ安いの?
やばい手抜き工事されて地震がきたらすぐ壊れるんじゃないかって不安・・

今回はこんな疑問にお答えします。

ローコスト住宅は1000万円台の費用で建てられるので、
若い世代や私のように年収の低い人にとって非常に魅力的ですよね。

しかし悪い口コミを見て、
安かろう悪かろうと不安になる方も多いでしょう。

そこでこの記事では、
5年住んでいる私がローコスト住宅はぶっちゃけやばいのか?
ローコスト住宅の費用が安い本当の理由を解説します。

この記事でわかること
  • ローコスト住宅はやばいのか?
  • ローコスト住宅の建築材料や耐震性
  • ローコスト住宅の費用が安い理由
  • ローコスト住宅だと見下されるのか
  • ローコスト住宅をさらに安く建てる方法
目次

ローコスト住宅ってなに?

ローコスト住宅の定義

ローコスト住宅の定義はないのですが、
世間的にローコスト住宅と呼ばれるのはこの2つに当てはまる家です。

  • 一般的な注文住宅より安価な家
  • 坪単価30万円~60万円程度
家ねこ

この坪単価ってややこしいんだよね。

実は坪単価が安いメーカーのほうが坪単価が高いメーカーより、
総費用が高くなる場合があるんです。

坪単価についてはこちらの記事でくわしく解説します。

ローコスト住宅は坪単価で決めると後悔する!実際の費用が変わってくる坪単価をわかりやすく説明

ローコスト住宅のデメリット

自由度が低い

ローコスト住宅は間取りや設備がある程度の規格が決まっています。

こだわりが強すぎる注文住宅は難しいので、
理想が高すぎる人はローコスト住宅には向いていません。

大手ハウスメーカーより品質が低い

ローコスト住宅は大手ハウスメーカーより、
断熱性や耐久性など品質が劣ります。

しかし快適に暮らせる品質は確保されているので、
メンテナンスさえしっかりやれば問題ありません。

ローコスト住宅の寿命を延ばすメンテナンス費用と種類

お風呂、キッチン、トイレなどのグレードは低く設定されていますが、
重要なところはグレードアップ可能です。

ローコスト住宅のメリット

大手ハウスメーカーよりも工期が短い

大手ハウスメーカーだと1軒建てるのに打ち合わせ開始して、基礎~完成まで1年ほどかかります。

対してローコスト住宅だと早ければ半年ほどで建つんです。

1000万円台の費用で建てられる

資金に余裕がなくても注文住宅が建てられるので、住宅ローン地獄にもなりません。

これぞローコスト住宅最大のメリットですね。

家ねこ

なんで1000万円台で建てられるの?

ローコスト住宅の費用はなぜ安いのか

ローコスト住宅の費用はなぜ安い

ローコスト住宅は4つの費用と利益率を下げることによって、低コストを実現しています。

4つの費用
  1. 材料費
  2. 人件費
  3. 広告費
  4. 設備・仕様費

ローコストハウスメーカーは利益率が低い分、
受注件数を増やす『薄利多売方式』で運営しています。

ローコスト住宅のコストカット①材料費

木材や設備を限定して大量発注しているので、
その分安く仕入れることができます。

なぜ大量発注できるかというと、
ローコスト住宅はある程度規格が決まっているので必要な材料がわかっているからです。

グッキー

決して粗悪品を仕入れて使っているわけではありません。

ただし、大手ハウスメーカーよりはグレードの低い素材が標準となっています。

ローコスト住宅のコストカット②人件費

大量に仕入れた木材はプレカット工場に発注依頼しているので、
現場の大工仕事が省略化されています。

施工法も合理化されているのでその分工事期間が短くなり、
大工の人数も減らすことができるのです。

一般的なハウスメーカーでは下請けに委託したり他業者をはさむことで、
中間マージンが発生します。

それを自社で一括管理することでコスト削減できています。

代表的な例ではタマホームが取り入れた、
新流通システムの『タマストラクチャー』がありますね。


森林業者やプレカット工場と直接関わることで、
業務の効率化とコスト削減を実現しています。

家ねこ

営業マンや大工の給料を減らしてるわけじゃないんだね。

ローコスト住宅のコストカット③広告費

ローコスト住宅は大手ハウスメーカーのように、
全国放送のCMに極力広告費を使っていません。

CMも地域放送限定することが多いです。

グッキー

私の地域では黒澤明さんを起用したオウミ住宅のCMが20年以上流れています。

全国放送には多額の費用が必要ですので、
その分建築費に上乗せされています。

住宅展示場もお金がかかるので、
自社の土地に事務所兼モデルハウスとしているところも多いです。

それらの余計な広告費を無くすことで安くできるわけですね。

ローコスト住宅のコストカット④設備・仕様費

標準仕様を低グレードを採用し、
こちらも大量発注することで設備費が抑えられます。

間取りの工夫で無駄なドアを減らしたり、
照明やコンセントも極力減らしています。

何もオプションを付けなければ無駄が少ないシンプルな作りになります。

キッチンやお風呂にこだわりたいという人は、
グレードアップは可能ですよ。

逆にコストダウンする場合は営業担当の人と要相談です。

グッキー

ただし、あれもこれもグレードアップするとローコスト住宅のメリットが生かせないので注意しましょう。

ローコスト住宅は薄利多売方式で運営している

ローコスト住宅のメーカーは、
基本的に薄利多売方式で運営しています。

利益率の違い

ローコストハウスメーカーの利益率・・約20%
大手ハウスメーカーの利益率・・約40%

利益率が2倍も違うのは、
大手ハウスメーカーとローコスト住宅では狙う客層が違うからです。

大手ハウスメーカーはお金に余裕のある層を狙い、
ローコスト住宅は平均年収以下の層を狙っています。

年収600万以上の人より、
平均年収以下人のほうが多いので薄利多売方式でも大丈夫なんです。

ローコスト住宅の耐震性は大丈夫?

ローコスト住宅の耐震性

ローコスト住宅の耐震性は一般的な注文住宅と変わりありません。

家を建てる際、
建築基準法の基準を満たしていなければ建築法違反になるからです。

家を建てる為に必要な検査
  1. 建築確認
  2. 中間検査
  3. 完了検査

ローコスト住宅も安全性を必ず検査確認しなければいけないのです。

ただし、標準仕様が耐震等級2のハウスメーカーもあります。

さらに耐震性を強くしたい場合は、
制震ダンパーをつける等のオプションが必要となる場合が多いので注意が必要です。

ローコスト住宅でも耐震等級3は建てられる?耐震性は地震保険の費用にも関係する

オウミ住宅の耐震等級

先ほど紹介したオウミ住宅の耐震等級はおそらく2~3だと推測します。

一応等級3にもできるけど、標準仕様が3ではないのだと思います。

なぜなら耐震等級が標準で等級3なら、
タマホームのように公式HPにはっきり載せるはずだからです。

グッキー

他のハウスメーカーでも同様に考えられますね。

公式HPでわかる耐震性

  • 構造用集成材
  • 耐震金物
  • 二重壁工法

ローコスト住宅は本当に1000万円台で建てられる?

実際に1000万円台で建てられた家の実例を2つご紹介します。

ローコスト住宅の外観
ローコスト住宅のキッチン
ローコスト住宅のリビング
画像引用:フリーダム
家ねこ

おっしゃれー!

ローコスト住宅の外観
ローコスト住宅のキッチン
ローコスト住宅の洗面所
画像引用:フリーダム

2件とも1000万円代で建てられたようですが、
モデルハウスみたいじゃないですか?

他にも見てみると1000万円代でオシャレな家はたくさんあります。

標準仕様でいいところは価格は抑えて、
こだわりたいところはお金をかければローコスト住宅でもこんな家が建てられるんですね。

グッキー

2022年は2階建てから
平屋に建て替えてる人も多いようです。

ローコスト住宅だと見下される?

ローコスト住宅は見下される

私はローコスト住宅を建てましたが、
友人や近所の人から見下されたことはありませんし、
ローコスト住宅を建てた人を見下したこともありません。

どの家が大手ハウスメーカーでローコスト住宅なのか、
外から見て違いはわからないものですよ。

周りにお金持ちの人やそういったマウントを取りたい人がいればわかりませんが・・

家ねこ

そんなドラマにでてきそうな人本当にいるのかな

人の目はあまり気にせず自分が良いと思った家を作りましょう。

せっかく建てた最高のマイホームなんですから、
自分や家族が気に入っていればいいんじゃないでしょうか?

ローコスト住宅は恥ずかしい?費用が安いとダサいのか?

まとめ

  • 4つのコストカットと薄利多売方式だから安い
  • 手抜き工事や極端に悪い素材を使っているわけではない
  • 耐震性や性能は十分高い

実は費用の安いローコスト住宅をさらに安くできる方法があります。

それは複数社に相見積もりをとって比較検討することです。

グッキー

私の場合、同じ仕様の家がなんと約300万円安く買えました。

比較検討するにはまず資料請求する必要があります。

でも一社ずつするのってめちゃくちゃめんどくさいんですよね・・
そんなめんどうな資料請求をまとめてできるのが『無料の資料一括請求サービス』です。

\カタログ掲載数No.1/

こちらの記事では私も利用した、
無料の資料一括請求サービスをランキング形式でまとめました。

目次