ローコスト住宅の資料一括請求サービス比較&ランキング【無料】

悩むママ

ローコスト住宅のカタログが欲しいけど、
子どもも小さいし展示場に行く時間がないんだよね。
ハウスメーカーの資料をまとめて比較する方法ってないのかな?

グッキー

これからご紹介する無料の資料一括請求サービスなら、こんな悩みを解決できます!

ネット上にはいくつか資料一括請求サービスが存在しますが、
実際に私も利用した無料の資料一括請求サービスご紹介します。

私はこのサービスを使って同じ仕様の家が約300万円安く買えました

資料一括請求はこんな人におすすめ
  • 仕事が忙しくて展示場に行く時間がない
  • 子どもが小さくて長時間の外出が大変
  • 家でゆっくり自分のペースでハウスメーカーの比較検討がしたい
  • コロナが心配でできれば全部家で済ませたい
  • できるだけ安く注文住宅を建てたい
目次

資料一括請求サービスの比較&ランキング

ランキングを発表するまえに

家は一生で一番高い買い物ですから、
比較検討できる資料は多いほうがいいに決まってます。

事前にしっかりと情報を集めた人だけが、家づくりに成功できるといっても過言ではありません。

資料一括請求サービスをうまく利用すると、
短時間で有益な情報収集が可能。

結果、あなただけの最高の家が実現しますよ。

グッキー

それではランキングを発表します!

スクロールできます


サービス名第1位:LIFULL HOME’S第2位:タウンライフ第3位:持ち家計画
掲載数1700社以上600社以上100社以上
手軽さ
見積もり
間取りプラン
カタログ請求額無料無料無料
特典はじめての家づくりノート
がもらえる
成功する家づくり7つの法則
がもらえる
家づくりに関するコラム
が充実
各社の比較
家ねこ

いろんな特典がもらえるんだ!

第1位:LIFULL HOME’S(ライフルホームズ)

注文住宅のはじめの一歩!まずは比較!具体的なイメージがわく、カタログをいくつか取り寄せて、比較してみよう。無料おまとめ取り寄せ

LIFULL HOME’Sはなんといっても、
掲載社数が約1700社と断トツNO.1の大ボリューム!

正直、LIFULL HOME’Sだけでカタログはほぼそろうと思います。

予算・エリア・ローコスト住宅・などの各テーマごとに家の種類を選択できるのがとてもわかりやすいですね。

家ねこ

CMもよく流れてるよね。

資料請求はすべて無料ですので、気楽に取り寄せてみましょう。

ローコスト住宅の資料一括請求する流れ
LIFULL HOME’Sの特徴
  • 掲載社数が1700社以上と情報量が抜群
  • 予算・エリア・メーカーなどの複数の軸から選択できる
  • CMもやっていて知名度と実績が抜群
  • 3分ほどのかんたん入力で申し込みが完了
  • 無料で複数社の資料が一括請求できる
グッキー

まずはLIFULL HOME’Sで各社の資料を集めるのが家づくりの第一歩ですね。

\カタログ掲載数No.1/

第2位:タウンライフ家づくり

タウンライフ家づくりの特徴はなんといっても、
あなただけの間取りプランや見積書を作ってくれることです。

普通に1社ずつ見積もりと間取りプランをお願いするとかなり時間と労力がかかってしまうんですが、
それをタウンライフが無料で代行してくれるんですね。

登録業者も600社以上と多く、大手ハウスメーカーから地元の優良工務店まで掲載されています。

家ねこ

希望すれば土地探しまで一緒にやってくれるんだって。

年収や簡単な希望を入力すると、自分に合った会社をいくつか選んでくれますよ。

タウンライフ家づくりの特徴
  • 唯一、オリジナルの間取りプランと見積書を作成してくれる
  • 土地がなければ土地探しもいっしょにやってくれる
  • 注文住宅部門で利用者の満足度NO.1獲得
  • 登録業者が全国600社以上と豊富な掲載数
グッキー

私の場合は8社リストアップされました。

\ 間取りプランと見積もり書がもらえる/

第3位:持ち家計画

持ち家計画は掲載審査がかなり厳しいため、少数精鋭の100社以上となっています。

他社サービスには掲載していない、地域密着型の優良工務店がのっていたりします。

土地が狭くて数社に断られて困っている。
なんて方は一度探してみてください。

持ち家計画の特徴
  • 地域密着型の優良工務店が探せる
  • 掲載されている会社が少ない分少数精鋭
  • 厳しい審査に通過した100社の優良企業ばかり
グッキー

掲載社数が少ない分、優良企業ばかりなので安心ですね。

\ 地元の優良企業が見つかる /

資料一括請求サービスのおすすめ利用法

  1. まずはライフルホームズで気になる業者や、希望条件に当てはまる業者から資料請求する
  2. 気になる会社の見積もりや間取りプランが複数社欲しい時は、タウンライフ家づくりで資料請求する
  3. 資料を比較して気になる業者に個別に連絡するか、住宅展示場に行ってみる。
家ねこ

この流れだと無駄なくスムーズに家づくりが始められるよ。

資料一括請求を利用するメリット・デメリット

グッキー

私が実際に利用して感じた、資料一括請求を利用する2つのデメリットと5つのメリットを解説します。

まずはデメリットから。

資料一括請求2つのデメリット

  1. 請求したのに連絡がない会社がある
  2. 宅配便で届く場合が多いので受け取りが面倒

さすがに社名は伏せますが、資料請求したのに全く連絡のない会社が1社ありました。

気になっていたので残念でしたが、対応が悪い会社なんだと最初にわかって結果オーライです。

デメリットというほどでもないんですが、メール便ではなく宅配便で届くパターンの方が多かったので受け取る手間はかかってしまいます。

家ねこ

大事な書類だから宅配便なんだね。

資料一括請求5つのメリット

  1. かんたん3分の入力で資料請求できる
  2. 家でゆっくり自分のペースでカタログを比較検討できる
  3. 家を建てるイメージがわいてきて楽しくなる
  4. 人付き合いが苦手な人は営業マンに会わずに済む
  5. 数千円の金券がプレゼントしてもらえる招待券が入っている

WEB上で3分ほど入力すれば複数社の資料が手元にくるので、仕事が忙しかった私にとってめちゃくちゃ助かりました!!

家で奥さんとゆっくりしながら雑誌感覚でいろんな会社の資料が見れましたよ。

資料請求した会社の中には住宅展示場の招待券が入っていて、
持参すると金券をプレゼントしてもらえることも!

グッキー

資料をみていると家を作るイメージがわいてきて、わくわくしますよ。

家ねこ

招待券がもらえるなんてラッキーだね。

資料一括請求サービスの注意点

資料一括請求サービスは、今回ご紹介したような信頼できるサイトのみ利用するようにしましょう。

資料を送付してもらうので、個人情報を入力する必要があるからです。
信用できないサイトの場合、個人情報が流出する可能性があるので注意してください。

資料一括請求した私の体験談

家ねこ

資料請求してみて正直どうだった?

グッキー

実際に資料一括請求した私の体験談をぶっちゃけますね。

資料請求できたメーカーの数は?

8社に資料請求して7社から届きました。

カタログだけだと早いところで2日後には届きましたね。

間取りプランは私が『4LDK』『WICあり』とめちゃくちゃ簡単な希望しか書いてなかったので、
『もう少し詳しく希望を聞かせてください』と連絡が・・

間取りプランをお願いする時の注意点

LDKは18畳、トイレは2つ、など希望の間取りを具体的に書く

2日ほどですぐに資料を送ってくれる会社もあれば2週間くらいかかったり、なかには全く資料が送られてこない会社もありました。

営業電話がかかってくる?

家ねこ

営業電話かかってきそうで不安かも・・

なんとなくそういうイメージありますよね。

電話がいっぱいかかってくるのはめんどくさい。
そういった場合は、備考欄に電話は遠慮して欲しいと伝えておきましょう。

電話は遠慮してほしい時の文面

今回資料請求させて頂いた○○です。

仕事で電話に出られないことが多いため、連絡は全てメールにてお願い致します。

誠に勝手ではございますが、ご理解のほどよろしくお願い致します。

グッキー

こんな感じで一言書いておけばオッケー。
実際1件も電話はかかってこなかったです。

無視してしつこく電話をかけてくるようなら、
こちらの希望は聞いてくれない会社なんだと事前にわかって逆に助かります(笑)

実際の資料はどんなもの?

画像は資料一括請求して届いたパンフレットの一部です。

ローコスト住宅の代表例のタマホームと
大手ハウスメーカーの住友不動産のパンフレットがこちら↓↓

パンフレットの他にもその他の資料や招待券なんかも入っていました。

▼詳細な条件を書いて作ってもらった間取りプランの1階がこちら。

▼こちら間取りプランの2階です。

一階は広めのリビングダイニングにしてもらい、
2階は主寝室と子供部屋が2つでイメージ通りの感じです。

ウッドデッキやカーポートを作る予定だったのでそれも反映されています。

グッキー

4LDKでリビング階段で~なんていう漠然としたイメージだったのが、こうして図面にしてもらうとかなりわかりやすくなりました。

家ねこ

理想の家がかなりいイメージしやすくなるね。

資料一括請求サービスの利用手順は3STEP

  1. 使ってみたい資料一括請求サービスのHPへ
  2. 希望の金額や条件を入力する
  3. お届け先などの基本情報を入力する

ここまで本当に3分で終わりました。

資料請求が完了すれば、あとは連絡や資料が来るのを待つだけ。
何社かはその日のうちにメールをくれて、資料を送ってくれました。

グッキー

全部資料請求サイトに丸投げなんでめちゃくちゃ楽でしたね(笑)

資料一括請求サービスは全て無料で利用できます。
契約後に請求されることもないので気楽に使ってOK!

\カタログ掲載数No.1/

\ 間取りプランと見積もり書がもらえる/

\ 地元の優良企業が見つかる /

まとめ

家づくりを始めようと思ったらまずは情報集めが大切です。

ランキングの無料資料一括請サービスが楽でまとめて集められます。

資料を比較して気になる会社があれば、個別に連絡するか住宅展示場に行ってみてください。

資料請求した時に招待券がついている場合もあるので、招待券を持参すると会社によっては数千円分の金券がもらえたりしますよ。

ハウスメーカーを決めてから土地を探すようにしましょう。

目次