【ローコスト住宅】ベランダとバルコニーはどう違う?種類と費用を解説

悩むママ

ベランダとバルコニーってなにが違うの?

いわれてみると、意外と知らないベランダとバルコニーの違い・・

これからローコスト住宅を建てようと思っているなら基礎知識は知っておいたほうがいいでしょう。

この記事ではベランダとバルコニーの種類と費用、それぞれのメリットとデメリットもくわしく解説します。

目次

ベランダとバルコニーの違いは屋根

ベランダとバルコニーの違いは屋根があるかないかで、広さは関係ありません。

ベランダ・・2階以上で屋根がある

バルコニー・・2階以上で屋根がない

ベランダ

よくある一戸建ての2階から突き出ている屋根のある部分がベランダです。

1階にある場合はテラスと呼び、リビングとつながっている場合があります。

庭より一段高くなっており、タイルやウッドデッキにするとオシャレに見えます。

マンションの場合は、1階でも上に屋根があればベランダと呼び、上の階のベランダ部分が下の階の屋根という構造です。

バルコニー

2階以上で手すりがあるスペースがバルコニーです。

下の階の屋根部分にあるバルコニーのことをルーフバルコニー、屋上にある場合はスカイバルコニーと呼びます。

最近では画像のようなルーフバルコニーと屋根が一体化したインナーバルコニーが増えています。

一戸建てで屋上庭園にしている人もいますね。

ベランダとバルコニーどっちがいい?

どちらがいいかはその人の生活スタイルによって変わります。

普通に洗濯物を干すだけならベランダで十分ですし、屋根があるので雨が降っても横風がなければ大丈夫です。

バーベキューや家庭菜園を楽しみたいのであれば、バルコニーのほうがいいですね。

ローコスト住宅でのそれぞれのメリットとデメリットがこちら。

ベランダのデメリット

  • 特にデメリットはなく、定期的な掃除が必要なくらい

ベランダのメリット

  • 洗濯物が雨でぬれる心配がない
  • 防水加工などしなくてもいい
  • エアコンの室外機が置ける

バルコニーのデメリット

  • 防水加工が必要
  • 雨が降ると洗濯物がびしょ濡れになる
  • 太陽光発電が設置できない可能性がある

バルコニーのメリット

  • バーベキューや家庭菜園などの趣味が楽しめる
  • 解放感があり、特別な空間になる

こんな感じでバルコニーで友達とわいわいしたりと、楽しそうですよね。

ちょっと気分転換に日光浴したり、花火大会の日なんて特等席です!

バルコニーはメリットも多いですが、デメリットも多いです。

家を建てる前は『いろいろ楽しむぞ~』と思っていても、何年かすると全くバルコニーに行かなくなった。なんて話もよく聞きます。

わが家ではドラム式洗濯乾燥機を買ってからベランダも全く使わなくなりましたよ・・

ベランダとバルコニーにかかる費用

新築の一般的な大きさの場合、工事費用の相場は50万円~100万円です。

ウッドデッキ、ウッドタイルにする場合はさらに10万~20万円ほど費用がかかってきます。

ルーフバルコニーや屋上をスカイバルコニーにする場合、防水加工が必要なので100万円~200万円の費用と定期的なメンテナンス費用が必要です。

ベランダとバルコニーにあると便利な設備

ベランダには屋根から吊り下げられている物干しざおを設置した方が便利です。今は大体ついていますが、オプションになる可能性があるので。。

ベランダとバルコニー両方に欲しいのが、水道です

なにも掃除しないとほこりやゴミがたまったり、鳥のフンが落ちて汚れます。

掃除するために水を流してデッキブラシでこすったりすると思うんですが、水道がないとなると手洗い場でバケツに水をくんで、重たいバケツを2階まで何往復もするはめになります。(体験済み)

あまりにもめんどくさいんで、30mのホースを買って家の外からベランダまで持ってくるようにしたらすごく楽でした。

ちなみにホースを家の中に通さなくてもいい方法があります。

①ベランダからビニールひもをたらす。

②たらしたビニールひもをホースのトリガーにくくりつける。

③ベランダからビニールひもを引っ張ってホースを引き上げる

グッキー

これで家の中も汚れず、ばっちりです!

まとめ

ベランダとバルコニーの違いや特徴がわかってもらえたでしょうか?

ひと昔前はベランダがあるのが当たり前でしたが、最近では部屋干しや乾燥機の普及でベランダを使わない人が増えています。

バルコニーはメリットも多いですが、デメリットも多いので、本当に使うのかをよく考えましょう。

どちらも設置せず、100万円ほど費用を抑えるという選択肢もあるので、自分の生活スタイルに合わせた家づくりをしてください。

目次