【ローコスト住宅の住宅ローン費用】借りられる金額と返せる金額は違う

ローコスト住宅を建てたいけど、住宅ローンの返済に苦しめられるのは避けたいですよね。

そのためには、借りられる金額と返せる金額を間違えないことです。

この記事はローコスト住宅を購入する、平均年収以下の20代、30代の方という前提で書いています。

年収1千万の方の参考にはなりませんが、 平均年収以下の方のお役に立てる情報をお届けします。

目次

自分が買えるローコスト住宅の上限金額を知ろう

ローコスト住宅を建てようと思ったら、まず総予算の上限を知ることから始めましょう。

総予算を決めるポイント

  • 総予算=頭金+借入額+諸費用
  • 借入額は借りられる金額ではなく、無理なく返せる金額にする
  • 諸費用も借りられるが、現金で必要なことがある

『無理なく返せる金額にする』これ本当に大事です!!

借入の上限金額を年収から計算する

下の表はイオン銀行で住宅ローンをシュミレーションしたものです。

35年ローンの場合

(注)あくまでシュミレーションであり、銀行によって上限は変動します。

年収借りられる上限
300万円2120万円
350万円2470万円
400万円3230万円
450万円3630万円
500万円4030万円
550万円4440万円
600万円4840万円
イオン銀行シュミレーション

ローコスト住宅を建てるのに必要な費用

ローコスト住宅を建てるための費用は大きく分けて5つあります。

  • 建物費
  • 土地代
  • 外構工事費
  • 水道、ガス、電気の引き込み費
  • 登記費用、税金などの諸費用

費用のメインは建物費と土地代で1000万単位になることがほとんどです。

その他の費用も百万円単位になる事があるので、注意しましょう。

外構費のお金が足りなくて家のまわりが石でぼこぼこなんてことに・・

頭金ってなんのために必要?

頭金があれば、借入を少なくできて月々の返済金額を少なくすることができます。他にも住宅ローンの借り入れに影響があるんですね。

頭金を入れる場合と入れない場合の特徴を見てみましょう

住宅ローンの頭金を入れる場合
  • 月々の返済金額と利息が少なくなる
  • 住宅ローンの審査が通りやすくなる
  • 低金利で借りられたり、保証料が安くなる場合がある
住宅ローンの頭金を入れない場合
  • 現金をいざという時のために残しておける
  • 住宅ローンの審査が厳しくなりやすい
  • 金利の優遇が受けられない

こう見ると頭金は少しでも入れた方がよさそうですよね?

でも、平均年収以下でローコスト住宅を建てるなら、頭金は入れないほうがいいです。

住宅ローンの頭金は入れない方がいい3つの理由

  • 住宅ローンは超低金利時代である
  • けがや病気で働けなくなった時のため
  • 好きなタイミングで家が買える

1.令和の住宅ローンは超低金利時代

昔に前に比べて現在の住宅ローンは超低金利時代です。

昔は金利3%とかだったのが、今は変動金利なら0.5%、人によってはそれ以下で借りられるんですよ。

車のローンなんてディーラーだと4~8%が相場なのに・・

そう考えると住宅ローンってめちゃくちゃ安くないですか?

頭金を入れた方がいいっていうのは、昔は金利が高かったからそういう認識になっているのでしょう。

住宅ローンに車の分を含めるやり方もありますよ

2.けがや病気で働けなくなった時のため

けがや病気はいつおこるか誰にもわかりません。

私の職場にも交通事故の後遺症で働けなくなった人がいます。30代でこどもがいて働き盛りの人でした。

そんな時に貯金が全くなければ家族は大変です。

少なくとも収入がなくても生きていける、半年分は残しておきましょう。

3.好きなタイミングで買える

人それぞれ家を買うタイミングってちがいますよね?

結婚した時、子どもができた時、希望する土地が見つかった時、といろいろあるでしょう。

フルローンだと頭金が溜まるまで待たなくてもいいので、欲しいタイミングで買えるんです。

結婚式を挙げたばかりだと、頭金に出せるお金なんてないんですよね。

それに賃貸に住んでいたらその分の家賃がもったいないので、できるだけ早く家を建てたほうがお得です。

数年かけて頭金100~200万溜まるころには子供も大きくなっちゃいます

ローコスト住宅の住宅ローンの決め方

住宅ローンをどこで借りるか

住宅ローンはメガバンク、地方銀行、ネット銀行といろいろ選択肢があります。

メガバンクは審査が厳しく、そもそも借りられない。借りられても金利が高くなるか、上限が低くなりやすい傾向です。

ネット銀行は金利が安いのが最大のメリットですが、窓口がなくすべてネット上でのやり取りになります。

銀行とハウスメーカーが提携している提携ローンを利用するのもありです。

提携ローンは普通に借りるより、金利が安かったり手続きの一部を代行してくれたりとメリットがあります。

ハウスメーカーの人がその地域の条件のいい銀行をいくつか知っていますので、2,3件審査を受けて一番いいところに決めるといいでしょう。

事前審査と本審査

銀行の審査には事前審査と本審査の2つがあります。

事前審査は簡易的な審査です。銀行の各支店で行われ、審査結果は早ければ2~3日でわかります。

本審査は本店で保証会社が行うので、審査結果に2週間ほどかかります。

固定金利か変動金利を選ぶ

無事審査に通ったら、金利を2種類から選びます。

固定金利と変動金利があるのですが、ぶっちゃけ変動金利一択だと思っています。

この理由についてはかなり長くなってしまうので、気になる方は下記の記事を見てください。

ローコスト住宅は変動金利にすると400万円やすくなる!固定金利【フラット35】との違いも解説

住宅ローン審査に通りやすいか知る方法

自分がどれくらい審査に通りやすいのか気になりますよね。

公務員や大手企業勤務だと審査に通りやすい傾向がありますが、何%で通るとか正確な数値を知ることは難しいでしょう。

しかし、自分の信用情報を取り寄せることで、銀行からの評価がどれくらいかの目安はつきます。

信用情報にのっているおもな情報
  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 勤務先
  • ローンやクレジットカードの借り入れ状況
  • 最終返済日

信用情報が気になる方は下のリンクから調べてみてください。

信用情報を取り寄せることができる機関

全国銀行個人信用情報センター
株式会社日本信用情報機構
株式会社シーアイシー

ローン審査にい通りやすい人の特徴

  • クレジットローンなどの延滞をしていない
  • 現時点でローンを組んでいない
  • 勤続年数3年以上
  • 健康状態良好である

まとめ

ローコスト住宅の総予算の決め方や住宅ローンについて、なんとなくでもわかってもらえたでしょうか。

超低金利の今のうちに、頭金をためずに建ててしまうのも一つの手です。

しかし、手持ちのお金がほとんどなくなるようなら今は建てないでください。

家を建てることが目的にならないようにし、家を建てた後の生活のことを考えましょう。

家を建てても、全くお金に余裕がなければ意味がありません。

目次